ロボットプログラミング

体験レッスン受付中!!

随時受付中!!

※お申し込み、お問い合わせは下記フリーダイヤルへ
0120-3150-81

今更聞けないプログラミングって何?

コンピュータを動かす「プログラム」を作ること。
「プログラムとは、コンピューターにさせたい内容を手順にそって書いたもの。

身の回りの物はみんなプログラミングされている!

一日の生活イメージ
『スマートフォン』
画面に並ぶアプリやメールソフトだけでなく、傾けると画面が回転するといった機能などもプログラムで制御されています。
『おそうじロボット』
部屋のサイズを計測し、障害物を避けて効率よく隅々まで掃除をするロボットもプログラムに従って動いている。

『自動車』
障害物が迫ると自動でブレーキがかかる安全システムもプログラミングによるもの。将来的には運転も自動化されると言われています。

なぜ今プログラミングが注目されている?

世界の教育が大きく変わろうとしています。
アメリカでは今後の人口地の屋ロボット技術の発達によって、「2011年に入学した小学生の65%は、大学卒業時に、今は存在していない職業に就く」「人間にはクリエイティブな仕事か、低賃金の肉体労働しか残らない」といった衝撃的な予測がなされています。一方、日本でも文部科学省は、2020年度から大学入試センターの廃止を検討しています。新たな試験で重視されるのは、暗記型ではなく知識活用型の「論i的思考力」です。テレビ・雑誌・書籍などのメディアでも「プログラミング」が子供の「論理的思考力」を延ばし、「社会を生き抜く力」を育てると盛んに取り上げられています。

ロボットが仕事をする時代がやってきた!

体験学習イメージ
2020年から入試改革が始まります!
大学入試センター試験に代わって導入を検討されている新試験は、これまでの知識を問う試験から、思考力、応用力を評価する試験になります。この能力を鍛えるための一つの方法として、試行錯誤を繰り返すプログラミングが注目されています。
プログラミング学習の義務化が進んでいます!
2012年から中学校の技術家庭科の授業で、プログラミングは必修になりました。文部科学省は、小学校へ導入することを検討しています。

海外では5歳からプログラミングが必修に!
イギリスでは5歳~16歳までプログラミング学習が義務化されており、そのほか、ヨーロッパでは20ヶ国中12ヶ国ですでにプログラミングが教育課程に組み込まれているなど、さまざまな国でプログラミング教育が始まっています。また、お隣の韓国でも小学生から生気教育課程として決定しています。

グローバル化に対応するための能力!
プログラミングを通じて物の仕組みを知ることで、新たな仕組みを創造する能力が身につきます。必ずしも「プログラミング教育=プログラマーを育てる」のではありません。世界中で生活にITが欠かせない今の時代にプログラミングも、英語教育と同様にグローバル人材になるためには欠かせない能力です。

パソコンジムでどんなチカラが身につく?

ものづくりで「学習の意味」が理解できる「コンピュータ科学教育」
提携のエジソンアカデミーのプログラミング教室は、特許取得のオリジナルブロックによるロボットづくりやプログラミングを通じて、楽しく「もののしくみ」を知り、思考力や応用力を身につけられるのが特徴です。
学校教材メーカーとして55年の実績を持つアーテックが開発した、新たな教育体系にマッチしたカリキュラム「コンピュータ科学教育」をもって能力を育みます。「勉強って何の役に立つの?」という子供が必ずぶつかる疑問を、ロボット作りを通して解決できます。算数の公式や理科の知識がどのように「ものづくり」にかかわっていくのかを子ども自身が体感することで、知識学習へのモチベーションも高めます。

自分で考え行動するチカラ

英語学習イメージ
論理的思考力
ロボットにイメージ通りの動きをさせれた目に、まず、どのような命令がひちゅ押下考え、その命令を効率よく順序立てて並べていくことで、論理的思考力が身につきます。
問題解決能力
ロボットがイメージ通りに動かない時、子供たちは必死に原因を探し、修正を繰り返します。そして、自分なりの答えを導くことで、問題解決力が身につきます。

創造力
自由度の高いオリジナルのブロックと、プログラミングを組み合わせることで、ゼロから考える力を養い、子供たちの無限の創造力を引き出します。

学校教材メーカー発!!最新プログラムキットとは?

クリアするごとに次のレベルにステップアップ!だからあきずに続けられる!

体験学習イメージ
特徴1 ブロック組み立て
ブロックを「さしこむだけ」の、簡単組み立て!
特徴2 簡単プログラム
アメリカで開発された子供向けプログラミングソフトをオリジナルカスタマイズしたソフトを採用!

特徴3 ステップアップ方式のカリキュラム
「やる気」を引き出し創造性をのばす!
8つのレベル×3ステップ
トータル24回のカリキュラム